TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / プロサッカー選手 ディエゴ・ゴディン:インタビュー後編『ゴディンが選んだ歴代ベストイレブンを発表!』

プロサッカー選手 ディエゴ・ゴディン:インタビュー後編『ゴディンが選んだ歴代ベストイレブンを発表!』

ウルグアイが生んだ世界を代表するDFの一人で、スピードがあり高い身体能力を兼ね備え、組み立てなどのビルドアップにも長けている。偉大なリーダーとして風格溢れる存在感とキャプテンシーで、戦う姿勢やプロ意識の高さはチームにも大きな影響を与え、ウルグアイ代表史上最多出場記録(126)を更新した。 そんなゴディン選手がコネクトメディアに、歴代のベストイレブンとセンターバックとして大切にしてきたことを語っていただいた。

こちらのインタビューは、全2回にてお届けしたいと思います。

生年月日:1986年2月16日 / 国籍:ウルグアイ / 出身:ロサリオ / 身長:187cm / 体重:78kg / ポジション:DF / 利き足:右足 / 背番号:2 / 経歴:セロ(ウルグアイ・2005~2006)→ナシオナル・モンテビデオ(ウルグアイ・2006~2007)→ビジャレアル(スペイン・2007~2010)→アトレチコ・マドリード(スペイン・2010~2019)→インテル・ミラノ(イタリア・2019~)
ウルグアイ代表史上最多出場記録(126)を更新した。スピードがあって組み立て能力の高いディフェンダーであり、高い身体能力も兼ね備える。

あと、ディフェンダーだと、 いよいよ難しくなってきたな。

ずっと好きで憧れてたのはパオロ・モンテロ(元ウルグアイ代表選手)だ。彼のことはすごく好きだった。幸運なことに代表で彼と一緒にプレーできた時期があった。いつもリーダーであり偉大なディフェンダーだった。

それから、パオロ・マルディーニもね。 もう1人の偉大なディフェンダーだ。 プレーの素晴らしさは言わずもがな、チームの中でどこでもできるユーティリティな選手だ。彼は長いキャリアの中で階段を上り、頂点に立った。

中盤はチャビ・エルナンデスが入るかな。中盤の司令塔で今まで対戦した中で、このポジションでは最高の選手だ。

―― ポジション5(セントラルミッドフィールダー)は誰ですか?

ポジション5がチャビだよ。攻撃的な選手の方でね。それからイニエスタも入れたいね。

――中盤のパートナーとして?

もちろん、(チャビより)少し前の位置でね。今の時代にスペインだけでなく世界のサッカーの一時代を築いた選手たちだからね。

それから、ポジションで言うとどこに入れていいかわからないけど、フランチェスコリ(元ウルグアイ代表選手)は絶対に外せない選手だ。彼は僕にとって目標の選手だったし、リーベルや代表で最高潮だった頃の彼を見ているからね。子供の頃は彼が憧れのサッカー選手だったし、それから、当然だけどメッシを入れなきゃいけないね。サッカー史上最高の選手だということを示しているよね。

―― じゃあ彼が9番のストライカー?

いや、ルイス(スアレス)も入るかもな。それにフォワードだったらマラドーナもいるよね(笑)

――選ぶとしたら?

2人ともだね。

チャビ、イニエスタ、フランチェスコリ、メッシ、まだ足りない?フォワードだったらクリスティアーノ・ロナウドも入るね。自分と同じ世代だし、今まで戦ってきた相手の中でも偉大な選手だ。その価値を証明してきたし、1人でも違いを作れるハイレベルな選手だ。

それから、最後はルイシート(ルイス・スアレス)だね。

同じウルグアイ人で、それ以上に僕の親友でもある。 その素晴らしさはすでに十分証明してきたし、 年齢を経ても競争心があるし、ここまで自分のスタイルを作り上げ、今もなおサッカー界を牽引しているからね。

だからルイスが僕のチームの9番だ。

――なぜ彼はピストレイロ(ガンマン)のポーズをするんですか?

自分を祝うパフォーマンスさ。いつもゴールを決めた時、 ピストルを撃つジェスチャーをするだろ?

彼はたくさんの自分のパフォーマンスを持ってるんだ。 毎回ゴールを決めるたびに手を使っておしゃぶりとかピストルとかやるんだ。それで彼といつもジョークを言い合うんだけど、毎回毎回、祝福のバリエーションが増えていくなって。彼は勝利に貪欲だし、毎試合すごいプレイをしてくれる。その結果、試合で最高のパフォーマンスを披露することになる。彼のことを知っている人なら、彼がどんな奴かよくわかってる。

▼インタビュー動画はこちら▼

End

RELATED POST