TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / フェルナンジーニョ独占インタビュー『逆境をくつがえすには、ハードワークを続けこと』

フェルナンジーニョ独占インタビュー『逆境をくつがえすには、ハードワークを続けこと』

イングランド・プレミアリーグのマンチェスターシティに所属するフェルナンジーニョ。
抜群の危機回避能力や身体能力に加え、テクニックや正確なロングフィードなど高い攻撃力も備えた守備的MFである。

一瞬で局面を変えるロングパスや、タイミングの良い攻め上がりが特徴的だが、彼の本当の魅力は、ポジショニングの良さとテンポの良いパスでゲームをクリエイトし、チームをオーガナイズする力だ。

長短のパスで攻撃のテンポを作りながら、状況に応じペースダウンが必要な時には、近くの仲間とのパス交換でチームを落ち着かせる。ペースを落としたかと思うと、今度は隙あらば敵陣に入って相手の意表をつくロングシュートでゴールを狙う。

そんなフェルナンジーニョに、メディアコネクトが独占インタビューを行った。
今季のCLについて、2021年6月から行われるコパアメリカなどについて語っていただいた。

こちらの記事は、一話完結となります。

【フェルナンジーニョはどんな選手??】

 

生年月日:1985年5月4日(36歳)
出身地:ブラジル・ロンドリーナ
身長:179cm
体重:67kg
在籍チーム:マンチェスター・シティF C
ポジション:MF/DF
背番号:25
利き足:右足

経歴:2002-2005アトレチコ・パラナエンセ/2005-2013 シャフタール・ドネツク/2013-2021 マンチェスター・シティFC


– 今季のCLでは、昨季よりもさらに成熟したサッカーを展開し、ここまで順調に勝ち進んでいますね。準決勝で戦うパリサンジェルマンは、どのようなチームだと考えますか?

そうだね。
僕たちのチームのモットーのひとつは、「最後まで決してあきらめずに戦う!」だ。
僕たちは実際、こういう風にCLを戦ってきた。

(CLの準々決勝は)2試合あり、僕たちは2戦目がホームゲームだったから数字の上では有利だったけど、結果的には2試合とも勝つことができ、準決勝に進むことができた。
これで僕たちは自分たちの自信をより深めることができたし、その意味でとても重要な試合だった。

戦術的には完璧だったし、前線の選手がきっちり決めてくれた。
それは皆が見たかった姿だと思うし、期待していたことだと思う。
これからの試合でもこういう姿を見せていきたい。

僕たちのチームは、同じレベル、同じプレースタイルを維持できるように努めてきた。
ここまでたどり着いた2つのチームは、共にこの試合に大きな自信を持って臨んでくるだろう。

確かに、相手チーム(PSG)の前線にはすごくいい3人の選手がいるから十分に気をつけなければならないが、僕たちは自分たちのチームに自信を持っている。
なぜなら、CL準々決勝の2試合ではチームの調子がよかったからね。

-今季はどのチームにとっても、難しいシーズンだと思います。このような状況の中でも、やはりチームとして、リーグとCLでの優勝を狙っていますか?

確かにそうだね。
僕らの監督は美しいサッカーを愛している。
だから、僕らのチームには優れたクオリティの選手が大勢やって来る。
僕たちが理解しているすべてのことをピッチで表現できたら、僕たちの選手のクオリティを持ってすれば、この試合に勝利できる可能性は十分にあると信じている。

それはCLの試合だけに限ったことじゃなく、プレミアリーグの試合でも同じように重要なことだ。

それが他のチームに大きな差をつけると思うし、リーグの最終戦までここからさらに成長して目標を達成したい。それは、とても大事なことだと思し、

逆境をくつがえす方法はひとつしかない。
とにかくハードワークを続け、次の目標に向けた準備をすることだ。

-ブラジル代表がW杯で同じ間違いをしないために、あなたたちブラジル代表の選手は何を学びましたか? そして二度と繰り返さないために、何が必要だと考えますか?

僕たちが経験した苦しい状況の中で、すべての選手がいろいろなことを学んだと思う。
多くの選手は、頭を冷やして起こったことを反復し、じっくりと考えて、それを実行する時間があったはずだ。

あの屈辱的な敗戦から僕たち全員が得られたものは大きいと思う。だが、次のW杯までは、長く遠く、そしてタフな道のりが待っている。

-あなたにとってコパアメリカはどのくらい重要な大会ですか?

とても重要だよ。強豪がひしめく極めて厳しい大会だし、誰もが、南米で戦うことがいかに難しいことか理解している。W杯に向けた準備という意味でも、僕たちにとって本当に重要な大会なんだ。

-同じグループにはペルー、コロンビア、ベネズエラがいます。ペルーは昔からの強豪チームですが、ベネズエラについては、過去の大会から判断すると弱小チームだと思いますか? それとも、もはや弱小チームなど存在しないと思いますか?

今は弱小チームなど存在しないよ。

ベネズエラは、かつてはどこのチームでも勝てる相手だったけど、今はそうではない。彼らは南米の大会ではよい成績を残している。そういう意味で、僕たちのグループは非常に厳しいグループだと思っている。

ペルーは過去のコパアメリカでもよい成績を残しているし、コロンビアはここ数年で著しく成長しているチームで、欧州の高いレベルでプレーする優秀な選手がたくさんいる。

勝ち抜くのは難しいし、厳しいグループだ。
まずはグループリーグを首位で勝ち抜けるよう全ての力を注いで予選突破を目指したい。

▼インタビュー動画はこちら▼

End(お読みいただきありがとうございました。完 )

RELATED POST