TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / ハメス・ロドリゲス独占インタビューvol.1 『負けたらそこから学べ』

ハメス・ロドリゲス独占インタビューvol.1 『負けたらそこから学べ』

プレミアリーグ、エバートンに所属する、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス。

彼の左足から繰り出される魔法のようなスルーパス、抜群の戦術眼が成すゲームコントロールは、観客の心を魅了する。

そんなハメスは、幼少期をコロンビアで過ごし、15歳の時にアルゼンチンのクラブに移籍。そこでの活躍が認められ、早々にヨーロッパの名門であるFCポルトに活躍の場を移すと、一気にスターダムにのし上がった。

2014年のブラジルW杯での大ブレイクは、多くのサッカーファンの脳裏に焼き付いていることだろう。

今回はメディアコネクトがハメス・ロドリゲスに、「サッカー選手になるまでの道のり」などについての独占インタビューを行った。

今回は、全2回にわたるインタビューの1回目になります。

▼ハメス・ロドリゲスのプレー集です。こちらからご覧ください。▼

生年月日:1991年7月12日(31歳)
出身地:コロンビア・ククタ
身長:180cm
体重:75kg
在籍チーム:エバートン
ポジション:MF/FW
背番号:16
利き足:左足
経歴:2006-2008 エンビガド/2008-2010 バンフィエルド/2010-2013 ポルト/2013-2014 モナコ/2014-2020レアルマドリード/2017-2019 バイエルン・ミュンヘン(ローン) /2020-2021 エバートン


– あなたが若い頃、成長するためにした最大のチャレンジはなんですか?個人的なこと、家族のこと、サッカー選手としてのこと、クラブでのこと、その他なんでも。あれが壁だったと思えることは?

15歳の時に、家族と離れて1人でブエノスアイレス(アルゼンチン)のクラブ、バンフィールドに行った。
その時僕は、すべてが上手くはいかないかもしれないけど、これは大きな一歩になると確信した。

これを乗り越えることができれば成長できると考えたんだ。この出来事が、自立心や外に出ていく強さをもたらせてくれたキッカケになったと思う。

-家族と離れたり母国を出たりするということは、サッカーとは無関係の多くの葛藤があったと思います。

そうだね。
愛する人たちのいる快適な場所を離れて、15歳で家を出るということはタフな経験だよね?

でも、それらをすべて乗り越えたって今僕が言えてることを誇らしく思うよ。

-あなたが言った「自分にとってのキッカケ」と感じた頃、「僕はプロになるんだ。なれるんだ」と思っていましたか?それとも、「プロになるのは無理かもしれない、難しいかもしれない」という疑念がありましたか?

そうだな。
僕は6歳か7歳の頃から、将来はサッカー選手になりたいと思っていた。

僕はサッカー選手としてプレーしたかったんだ。
僕にはいつも、いつか高いところにたどりつけるという確信があったんだ。
練習して試合に出ながら、そんなことをいつだって夢見ていたよ。

少年サッカーの試合でピッチに立っている時はいつも、「あぁ、もっと大勢の人が観に来てくれたらなぁ、満員のスタジアムでゴールを決めたいなぁ」って言ってたんだよ。
そんな風な夢があって、それを思い描くことができれば、すべてのことがより簡単にいくと思う。

-もしあなたが過去に戻ることができたとしたら、幼少時代のハメス少年になんと言いたいですか?「これをした方がよい」とか「これはしない方がよい」とか。

試合に負けた時、僕はいつもすごく、なんというか・・・(笑)
僕はすごく怒っていたね。すごく怒っていたんだ。
それはやめたほうがよかったよね。

自分がどれほど上手かったか知らないけど、小さな子供みたいな態度だよね。
今の僕なら、「負けたらそこから学べ」って言いたいね。
たとえ勝ったとしても、学ぶことは沢山あるしね。

-負けを知ることや、冷静であることは子供にとって、競争心を失うことにはなりませんか?

冷静でいるってことだよね。
うーん、そこまで極端にという意味じゃないよ。
でも、僕が子供の時はそうだった。いつだって勝ちたかったんだ。

もし負けたりしたら、勝つためにあらゆる方法を探してた。
もし負けたら、周りの誰かまわずに怒りをぶつけていたんだ。
やっぱり、そういうのってよくないと思うんだよ。

勝ちたい気持ちが強すぎたし、本当に、本当に、本当に子供っぽかった。
大きくなれば、誰もがいつだって勝ちたいし、よい状態でいたいのは当然のことさ。
でも、そういったすべてのことから学ぶべきなんだ。

▼インタビュー動画はこちら▼

To Be Continued…(vol.2の投稿は 9/5(日)予定)

RELATED POST