TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / ロベルト・ペレイラ選手独占インタビューvol.2『貧しくて苦労した幼少時代を語ろうか。』

ロベルト・ペレイラ選手独占インタビューvol.2『貧しくて苦労した幼少時代を語ろうか。』

ロベルト・ペレイラはアルゼンチンのリーベル・プレートで育ち、2011年にイタリア・ウディネーゼに渡った。巧みなドリブルと運動量によって、トップ下を本職としながらも、インサイドハーフやセンターハーフも担うことができるポリバレントな選手である。その後移籍した名門のユベントスでもトップ下としてレギュラークラスに定着、攻撃の切り札として活躍した。 2016-17年よりワトフォードに移籍、2018-19のプレミアリーグ開幕戦ブライトン戦では2ゴールの活躍で開幕戦の勝利を助けた。

メディアコネクトにて、サッカーとの出会い、セリエA、プレミアリーグでの奮闘記、アルゼンチン代表への想いなどをインタビュー動画で語っています。

今回は、全6回にわたるインタビューの2回目となります。
vol.1はこちらから

生年月日:1991年1月7日 / 国籍:アルゼンチン / 出身:サン・ミゲル・デ・トゥクマン / 身長:184cm / 体重:74kg / ポジション:MF / 利き足:左足 / 背番号:37
経歴:CAリーベル・プレート (アルゼンチン・2008~2011) → ウディネーゼ (イタリア・2011~2015) → ユヴェントス (イタリア・2015~2016) → ワトフォード (イギリス・2016~)


―― お金の問題とか(練習場までの)交通手段以外にどんな苦労があった?君のようになりたいと夢見ている少年たちに言いたいことはある?やったほうがいいこととか、やらないほうがいいこととか。

そうだね。さっきも言ったけど、難しいことはあったよ。父親も母親も働いていたんだ。

家にお金を入れていたのは彼らだけだった。

さっき言ったとおり、僕にはほんの少しのお金もなくて練習に行けなかった。

親が家にいないから近所の家で食事させてもらったり、今も僕がいつも思い出すのはこういう時のことだ。

 

――苦労したことはモチベーションになった?今もモチベーションになってる?

そうだね。きわめて個人的なモチベーションだけど。

僕はいつだってサッカーをしたいって言い続けたし、それでご飯を食っていきたいと思ってた。

神様のおかげでみんなの助けを得ることができたんだ。 だから今は楽しんでいるよ。

 

――負けないことの先にあるもの。愛情や興味、プレーする喜び。サッカーとはなんだろう?

選手としてどんな風に成長してきたの?子供の頃から、そしてお金を稼ぎ始めるようになってから。その頃は基本的な生活はできるようになっていた?すごく練習した?よく食べた?食事には気を遣った?規律は必要なかった?それとも落ち着いていた?

いや、僕は少しお金を稼げるようになったころ最初にしたことは両親への恩返しさ。

彼らが必要なことやできるはずのことすべてを援助したかった。なにか恩返しをしたかったんだ。

彼らは僕を育てるために苦労したから。それは僕にとって誇らしいことだし、彼らにとってもそうだと思う。

お金やなにかを返して助けるというより、僕にとっては大きな満足感があった。だから両親は僕のことをすごく誇りに思ってくれていると思うし、僕はそのことに満足しているよ。

 

――リーベルのテストを受けにブエノスアイレスに来た時はどう思った?テスト会場はブエノスアイレスだった?

そうだね。マル・デ・プラタ(サンマルティン・デ・マル・デ・プラタ)に1年いたんだけど、そこから(リーベルに)引き抜かれて。ブエノスアイレスでテストをして、たしか1週間だったかな。

その後チームに入るよう言われたんだ。それで宿舎に残ることになった。

信じられなかったよ。両親やみんなに電話して。彼らは気が狂ったみたいに喜んでくれた。

 

―― いくつの時?

16歳。

 

――もうそんなに子供じゃなかったんだね。テレビでしか見たことがなかったものを実際に目にした時、どんな気持ちだった?ブエノスアイレスに行ったのはそれが初めてだったの?

いやいや、なんにも知らなかった。本当になんにも。

ブエノスアイレスで目にしたものはいつもテレビでは見てたけどね。

スタジアムに着いた時、信じられない気持ちだった。2階の観覧席を見上げながら100mぐらい歩いたっけ。スタジアムのすべてがすごく美しかった。

 

――クレイジーな経験だよね?だって君はサポーターだったんだろ?自分の気持ちを裏切ることなく、サポーターであるチームでデビューしたんだから。サポーターであることがそのまま君の仕事になったんだ。それって責任重大だけど夢だよね?大勢の人に圧倒されないよう、どうやって気持ちを集中したんだい?

サッカーをする時はそれ以外のことは考えない。

ボールの後ろを走ること楽しみながら役に立つことをする。

そして、みんなが僕を応援してくれれば素晴らしいし、満員のスタジアムを見るのも感動的だ。

そういう時でも落ち着くようにしているし、それを楽しもうとしている。

 

――ロッカールームでリーベルのユニフォームを見た時、どんな気持ちだった?美しいよね。重みを感じた?

美しかったさ。本当に。もちろん、試合開始の時間に気がつかないほどだった。

いつも僕はベンチだった。トップチームで一緒に練習しても試合ではサブチームだった時は、「いつになったら出番が来るんだろう?」って思ってた。

その時が来るまではね。それは夢のようだったし唯一の経験だった。大きな充実感を味わったよ。

▼インタビュー動画はこちら▼

To Be Continued…(vol.3は7/19(日)投稿予定)

RELATED POST