TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / 安西幸輝独占インタビューPart2 『世界トップレベルと日本人 – 後編 – 』vol.2

安西幸輝独占インタビューPart2 『世界トップレベルと日本人 – 後編 – 』vol.2

7月19日、日本屈指のサイドバックである、安西幸輝がJリーグに戻ってきた。
海外移籍前は、無尽蔵のスタミナと高い攻撃力を武器に、相手の守備網を破壊するプレーが特徴の攻撃的な選手だった。

しかし、今の安西の武器はそれだけではない。
ポルト、ベンフィカなどといった、ヨーロッパトップレベルのクラブとの真剣勝負の中で、ディフェンス面が磨かれたのだ。自慢の攻撃力にディフェンスの安定性が加わったことにより、プレーの幅を増やし、深みのあるサイドバックへと変貌を遂げた。

そんな安西に、メディアコネクトが独占インタビューを行った。
ポルトガルリーグの特徴、海外に誇れる日本人の強み、自身のメンタルコントロールや日々の取り組みなどについて語っていただいた。

今回は、全2回にわたるインタビューの最終話となります。

▼鹿島アントラーズに戻ってきた、安西選手のプレー集▼

生年月日:1995年5月31日(26歳)
出身地:埼玉県、川口市
身長:172cm
体重:64kg
在籍チーム:鹿島アントラーズF
ポジション:DF/MF
背番号:2
利き足:右足
経歴:2014-2017東京ヴェルディ/2018-2019 鹿島アントラーズ/2019-2021 ポルティモネンセ/2021- 鹿島アントラーズ

vol.1はこちらから


フォロー&RTをして安西選手の直筆サインをもらおう!

【プレゼント】
安西選手直筆サイン色紙  20名様
【期間】
2021年7月31日(土)〜2021年8月8日(日)

【抽選方法】
メディアコネクトのTwitterを【フォロー&リツイート】していただいた方の中から抽選。
※Twitterでのリツイートに関しましては、期間中に投稿した安西選手関連のツイートに限らせて頂きます
※抽選が決まり次第、当選者のみダイレクトメッセージにてご連絡を差し上げます。

【mediaCONNECTツイッター】
https://twitter.com/connec10com


-海外のチームに馴染むのは簡単ではなかったと思いますが、新しい環境で結果を出すために必要なことは?

僕1年目は僕一人単身で行ったんですけど、見えてきたのは、プレーの部分で技術的なことは通用したけど、フィジカルの部分が足りないって思って、2年目から幼馴染が料理を作ってくれるので一緒に連れて行って、身体のコンディションを全部変えて今年はやったんですけど、それがうまく講じて今年1年間フルで戦えたんで。

なので、食事の面とかは全部変えましたね。

-文化の違う外国人と選手とのコミュニケーションで意識していることは?

コミュニケーションで意識してるのは、その国が使う言葉っていうのはしっかり覚えないといけないし、英語っていうよりはポルトガル語だったので、ポルトガル語をしっかり勉強しました。

多国籍だったので、ブラジル人もいればポルトガル人もいれば、アフリカ人もいるし、アジア圏の選手もいるしっていうことで、ポルトガル語で通じない場合は英語もやらないといけないし、あとはジェスチャーでやるしかなかったですね。

-日々のコンディショニングや、メンタルコントロールで意識していることは?

メンタルっていう部分は、毎回行った意味(ポルトガルに)っていうのを考えるっていうか、海外になんで行ったのかっていうことを常々考えていて、本当にワールドカップで試合に出たいから海外に行きましたし、そういう気持ちでここに。

やっぱり目的を失っちゃいけないんで。それだけは毎日欠かさず考えてましたね。
ポルトガルに来た意味っていうのを。

-試合に出れない時のメンタルコントロールは、どのようにしていますか?

今年は、そんなに試合に出れないことがなかったので難しいですけど。
ただ、試合に出れない時にサッカー選手としての本質が出るというか、その人の。

やっぱり僕も、あんまり強くなかったので精神的に。

試合に出れなかったら、なんで出れないんだってなってたんですけど、とにかく1日1日の練習を100%でやることが大事で。
でもそれってかなり難しいことで、ただ簡単そうに見えてるものをしっかりやれる選手が生き残っていくっていう風には感じたんで。

もう本当に、一日一日をどれだけちゃんとやるかっていうのは意識してました。

なので本当にあの2ヶ月間(昨シーズン試合に出場できなかった)というのは僕の中では大きい出来事でしたし、あれでもっと強くなれたからこそ、今年こうやってフル出場できたのかなっていう風には思っています。

-自分の本職とは違うポジションで試合に出る時に、意識していることや考え方や取り組みはありますか?

鹿島時代から両サイドハーフ、両サイドバックをやってたんで。

本職の選手じゃなくて僕を使う理由っていうのを考えてましたし。

僕が意識してるのは、自分の特徴は運動量なんで、それをベースに監督がそこで自分の力を出してほしいっていうアドバイスだと思っていたので、どこをやっても監督が求めてるようなプレーができるように考えてました。

-将来プレーしたい国はありますか?

ドイツに行きたいですね。

篤人君(=内田篤人 / 元日本代表 )がいった場所に行ってみたいっていうのがあるんで。

それは昔から思ってます。

あの時はシャルケで篤人君はベスト4まで行きましたけど、やっぱドイツのサッカーっていうのはポルトガルよりももっとラグビーっぽいサッカーしてるんで、あぁいう中でサイドバックで揉まれたらもっと強くなれるんじゃないかなっていう風に思ってるから、ドイツに行きたいです。

-安西選手にとって日本代表はどういう場所ですか?

最初に行った時は夢だった所だったんですけど、今は目標に変わったので、あそこで自分が輝ければ。今は日本のサッカー界のサイドバック難って言われてるんで、そういうものを全部僕がスタメン取って変えていきたいなって思ってます。

-直近の目標は?

ここ1、2回代表から外れてるんで、最終予選しっかりメンバー入って、しっかりワールドカップに出られるように最終予選からチームに貢献したいなって思ってます。

▼インタビュー動画はこちら▼

End(お読みいただきありがとうございました。完 次回は2021/8/15(日)投稿予定  )

RELATED POST