TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / ロベルト・レヴァンドフスキ独占インタビューvol.2 『グアルディオラやクロップから学んだこと』

ロベルト・レヴァンドフスキ独占インタビューvol.2 『グアルディオラやクロップから学んだこと』

ブンデスリーガ/ FCバイエルンミュンヘンのセンターフォーワードとして君臨する、ロベルト・レヴァンドフスキ。

強さと高さに加え、しなやかな身のこなしから繰り出されるテクニックやアクロバティックなプレーで、観客を沸かせる魅力的な選手である。

2014年から所属するFCバイエルンミュンヘンでは、375試合に出場し344ゴールというとんでもない成績を叩き出した。まさに世界最高のFWと言えるのではないだろうか?

そんなロベルト・レヴァンドフスキに、メディアコネクトか独占インタビューを行った。

長年候補にも上がっているバロンドールへの想いや、自身のキャリアなどについて語ってくれた。

今回は、全3回にわたるインタビューの2回目になります。

【ロベルト・レヴァンドフスキはどんな選手?】

生年月日:1988年8月21日(33歳)
出身地:ポーランド/ワルシャワ
身長:185cm
体重:81kg
在籍チーム:バイエルン・ミュンヘン
ポジション:FW
背番号:9
利き足:右
経歴:2006-2008 ズニチュ・プルシュクフ/2008-2010 レフ・ポズナン/2010-2014 ドルトムント/2014- バイエルン・ミュンヘン

▶▶vol.1『サッカーは個人競技ではない』


–グアルディオラ監督について聞きたいんだけど、彼はどんなタイプの指導者?彼についてどう思う?

彼は戦術に通じた素晴らしい監督だよ。

戦術についてすべてを教えてくれた。彼が戦術を指示したら、僕たちはそれを実践しなければならないからね。

その戦術に望むには、自分の持てる力を100%出さなければならなかった。

僕は彼から多くの駆け引きや戦術を学んだよ。それによって僕は、サッカーに対する考え方が変わったよ。サッカーの別の面が見えたんだよ。別の世界がね。

試合中はもちろんピッチの内外で、以前は見えなかった多くのものが、見えるようになった。

あの2年間、僕は多くのことを学ぶことができたから、グアルディオラ監督には感謝している。その2年間はすごく早く過ぎたし、練習では彼から多くのことを学んだ。

彼は僕にとって、素晴らしい先生のようだったよ。おそらく、こんな経験はこれまでにはなかった。

僕はすべての監督から学んだことの中から、役に立つことを実践するようにしているけど、グアルディオラ監督からは、戦術的な考え方とそのマインドを学んだんだ。

–では、クロップ監督からは何を得た?スタイルは違うし国籍も違うよね

彼は違うタイプの監督だ。彼もまた素晴らしい監督だけどね。彼から学んだことは、時に戦術は重要ではないということだ。

僕にとって彼は、父親的な存在でもあった。僕は16歳の時に父を亡くし、辛い時を過ごしたからね。たしか僕は20歳の頃にクロップ監督と会ったんだ。

僕には父のような、いつでも連絡できて話のできる存在が必要だった。

彼のことを信頼していたから、彼が望むとおりの方向に進むことができた。僕たちはそうして一緒に歩んできたんだ。

僕は、彼から今の攻撃力を学んだ。結果がどうなるかは大事じゃない。準備ができていること、学ぼうとすること、100%集中することが大事なんだと教えられたよ。

彼は練習中、いろいろな役に立つことを教えてくれた。サッカーだけでなく人生についてもね。それはすごく助けになったね。

–今のバイエルンはどう? 長年住んでいるドイツで今どんな風にやってるの? 自分自身のメンタル面やフィジカル面についてはどう考えてる? 君は33歳だから、もはや“若手の有望選手”じゃない。でも、君はまだまだコンディションもいい。もちろん、過去には何度か怪我は経験してるけど

そうだね。僕は今33歳だ。でも、自分でもそうは感じていない。僕にとってそれは単なる数字に過ぎない。僕が23歳の時、自分が長い期間にわたりトップレベルでプレーしていくためには?と考えていた。それを今実践しているよ。

その頃に多くのことを始めてはみたが、実際に何の役に立つかよくわからなかった。その頃始めたことが、10年、12年後にどう自分の助けになるのかね。

でも、とにかくそれを継続した。その頃の僕は本当に若かったけど、他の選手たちよりも長く現役でプレーしたいと思っていた。もちろん、トップレベルでね。それを実践することが、いいことだとはわかっていた。

とにかくまず何かを始めてみて、1年か2年で違いを感じることができれば、続けるという感じ。そしてそれ以来、何年もそれを続けているというわけだよ。

だから今はとてもいい感じだし、25-26歳の頃よりも、ずっと調子がいいんだ。それはこれまで僕が続けてきた、コンディション調整法の結果なんだと気がついたね。

検査データを見れば、僕のフィジカルやパフォーマンスが、数年前よりよくなっていることがわかる。それはとても重要な意味を持つし、これからもこれを維持したい。

バイエルンでは、とても気持ちよくプレーできている。だって僕たちはここ数年、素晴らしいサッカーをしているからね。僕たちはCLで優勝したし、去年(2019-2020シーズン)はあらゆるタイトルも獲得した。今年(2020-2021シーズン)もブンデスリーガで優勝した。

僕たちはすべての試合に勝つために、自分たちのベストスキル、ベストパフォーマンスを見せられているし、いい方向に向かっている。

今はすべてがうまくいってる。来年も同じように続いて欲しいと思っているよ。

–オフの日には家でもサッカーの試合を見る?それとも完全にオフにしてサッカーから離れる? 食べ物には気をつけている?君は、自分では気をつけているけど、そんなに細かくは管理していないと言っていたね。君にとってはスイッチをオフにして家族とともに良い食事をとるのがいいのか、あるいはオフの日もサッカー中心の食事をとる?

僕は練習後の食事にも気をつけるタイプだよ。レストランで外食することもあるけどね。オフの日も食事管理は当たり前さ。私生活も仕事の一部だし、次の試合、次のシーズンに向けた準備期間でもあるからね。

僕は家でサッカーほとんど見ないね。むしろ正反対だ。僕たち家族は旅行や一緒に遊ぶのが好きなんだ。だから家に帰った時は、家族や子どもたちと一緒に過ごすことに時間を使う。もし僕が試合を見る時があっても、せいぜい20分か30分だろうね。もちろん、毎週というわけじゃない。

自分にとって大切なのは、子どもたちや妻、家族、そして友人たちだから。

ハイライト番組は見るよ。フルの試合を見るのはちょっときついよ。オフの日ぐらいは、サッカーから離れてプライベートライフを楽しみたいから。

でも僕は、自分のプライベートライフもサッカーキャリアの一部であることを忘れたことはない。どちらも同じように、両立しなければならないことなんだ。だからプライベートの時でも、それを忘れることはない。

僕はまだ現役のサッカー選手だからね。

To Be Continued…(vol.3の投稿は 7/10(日)予定)

▼インタビュー動画はこちら▼

RELATED POST